授業・テストのようす|私達の教育|金蘭千里中学校・高等学校

金蘭千里中学校・高等学校

大阪府吹田市藤白台5丁目25番2号【→アクセス

私達の教育

授業・テストのようす

「振り返り、繰り返す」

毎日の20分テスト

 毎朝実施する「20分テスト」は、本校の代名詞とも言えるもので、創立以来継続しています。1〜2週間分の学習内容をチェックします。生徒にとっては日常の学習の反省材料に、先生にとっては指導の反省材料になります。

  • 毎朝 8:35〜8:55 に実施(1日1科目のみ)
  • 5教科10科目、各2週間分の学習範囲の復習テスト
  • 中間、期末テストの1/3のスパンで、弱点を早めにフォロー、
    必要に応じて追試を実施(予習→授業→20分テスト(復習)→追試)
本校生の学習のパターン
中学1年の場合
月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
ある週 現代文 地 理 代 数 物理・地学 英教科書
次の週 古 典 歴 史 幾 何 生物・化学 英副教材
学期末の特別授業

 通常の授業に加えて、各学期末に特別授業を年間24日設定し、それぞれ各学期の復習等に充てます。

サマーコース(7月末、8月末に各7日間)
【前期】一学期の総復習と課題の確認
【後期】課題の完成と二学期の準備
ウィンターコース(12月末に4日間)
二学期の総復習
スプリングコース(3月末に6日間)
三学期の総復習
課題テスト
夏休みなどの長期休暇に出された課題を範囲とするテストで、休暇中の過ごし方をチェックします。

国語・数学・英語

 積み重ね教科である国・数・英に多くの時間を充当し、先取りしつつ繰り返しも行います。国語では、中学で毎月読書ノートを書いて読書力の向上を図ります。数学と英語では、中三から習熟度に応じた授業を行います。英語は、ネイティブ・スピーカーの教員によって、英会話(中一〜高二)や受験用の自由英作文(高三)を指導します。

「先取り」

 高1までは、 選択分野に偏らず、幅広く学問に接してゆきます。例えば、社会(地歴・公民)では世界史・日本史・地理・現代社会(倫理・政治経済)をすべて学習し、理科では物理・化学・生物・地学をすべて学習します。これにより、偏りのない知識・教養を身につけることができ、大学入試ではどの形態にも対応できるようになります。

綜合テスト・校内模試
学年末等には国・数・英・社・理5教科の「綜合テスト」を行い、幅広い範囲をまとめる力が試されます。高2・高3は、5教科の既習範囲の実力を測る「校内模試」を実施します。

「先取り」

 中学2年までで中学の学習範囲、高校2年までで高校の学習範囲を修了し、高校3年では受験に向けた学習を行います。

学年 段階 学習範囲 クラス編制
中学 1年 基礎段階 中学の学習範囲 学力均等クラス
2年
3年 発展段階 高校の学習範囲 英数習熟度別授業
高校 1年
2年 錬成段階 文理別・進路別 クラス編成
3年 受験に向けて
客観テスト(外部テスト)
全学年で、ハイレベルの外部テストを受験し、全国レベルでの実力をはかります。

ノート