ご挨拶|学園の理念|金蘭千里中学校・高等学校

金蘭千里中学校・高等学校

大阪府吹田市藤白台5丁目25番2号【→アクセス

学園の理念

ご挨拶

学校法人金蘭千里学園 理事長 辻本 賢

 金蘭千里中学校・高等学校には、3つの重要な年代があります。
 1905年、経営母体である学校法人金蘭会学園が、現大阪府立大手前高等学校の同窓会「金蘭会」によって創設され現金蘭会中学校・高等学校を開校以来、金蘭短期大学を併設、同学を改組転換し千里金蘭大学を開学、中高大連携の女子教育の完成を目指しています。金蘭会学園は、2005年、学園創立100周年を越えた伝統ある学園です。
 1965年、佐藤一男初代校長は、青少年を如何に鍛えるかという視点から、師を仰いで、師の感化を受ける私塾、自ら求めて心身を鍛える道場のような雰囲気が漂う学校、スポーツを楽しみ、スポーツマン・シップの涵養、自然から学ぶことを大切にする学校を作りたいと願い、「公立ではできない、私立でもできない教育」を行なう学校として、男女共学、6ヵ年中高一貫、30人学級、全体で900人からなる小さな金蘭千里中学校・高等学校を創設しました。
 爾来50年近く、明確な思想による教育を行なう私学、大学進学に実績を残す北摂の私学との高い評価を得ています。
 2005年、金蘭千里中学校・高等学校は、新しく設立された学校法人金蘭千里学園のもとに置かれ、11月には、創立40周年記念式典を挙行することができました。

 

 今日の社会状況をみますと、学力の低下、規範意識の低下、自己統制力の未熟さの問題が深刻化しており、その解決が喫緊の課題であります。このような状況下、本校の建学の精神こそ、この課題解決に向けて、今なお色褪せず、世直し的意味においても、必要不可欠であると考えます。
 中等教育の目的は、生徒たちに、志を高く持ち、将来を見据えた生き方を選択させることだと考えます。よい中学校・よい高等学校に入り、よい大学に進学し、よい会社に就職すれば、幸せが約束されるという神話は完全に崩壊しています。どの大学を出たかでなく、何ができるかが問われる時代になっています。これからの時代に相応しい「生きる力」すなわち、「自ら問題を発見して、情報を収集し、処理して、問題解決を図る力」、集約すれば、「総合的なコミュニケーション能力」、「人間力の習得」が求められています。
 生徒の総合力を獲得させるためには、学校の教育力だけではなく、もう一つの財産である保護者や卒業生の皆様との絆が必要です。さらに、地域のコミュニティに根ざした教育も志向する必要があると考えます。

 

 2005年4月に竣工した新校舎は、まさに、その哲学を具現化したものです。基礎・基本の座学を一層徹底して指導するための普通教育、体験的学習をさせるための科学セクション、芸術・技術セクション、視聴覚教室、図書室、生徒と先生の距離を縮める職員室など、自学自習のできる生徒を育てる為のスペースを整備しました。また、各学年の廊下を部分的に広げたメディアブースという新たなコミュニケーションを生む仕掛けを設けました。
 新校舎に対する私たちの思いが生徒たちに通じるか否かは、新校舎を使用する生徒たちの気持ちにかかっています。望むらくは、生徒の諸君が大階段を上り昇降口にいたる間に、巨大なガラス・ウオールに自らの姿を映し、私塾・道場に向かうのだという思いをもって欲しい、さらにいえば、中・高6年を通して、自らを変えて人格を高め、成長していく姿を思い描いて欲しいと願っています。

学校法人金蘭千里中学校・高等学校 辻本 賢

 金蘭千里中学校は、併設の金蘭千里高等学校(公募していません)と共に、男女共学の中高一貫校です。1クラスの生徒数は約30人とし、平成20年度より各学年6クラスで約180人、中・高併せても、全校生徒が約1000人という大変規模の小さい学校です。

 

 私たちは、

  1. 学習をきっちり行うために、基本的生活習慣をしっかりと身につけさせること
  2. スポ−ツを徹底して行い、スポ−ツマンシップを養わせること
  3. 自然に親しみ、その逞しい生命力を己に吸い込むことによって、自然を大切にするこころを育てること
  4. 21世紀に活躍する我々の生活場所は、もはや日本だけではないので、感受性の豊かな生徒たちに、異文化に接する機会を与え、国際理解を深めさせること
  5. 本物の芸術作品を鑑賞させ、こころ豊かな生活をする基礎をつくること
  6. 生徒諸君が人格を高め個性と能力に応じた将来の進路を的確に決定することができるように助けること、

を目標としています。

 

 私たちは、これらの目標を他校と異なった特徴ある方法によって実現をはかります。

 例えば、学習については、毎日実施する20分テストがあります。これは、一夜漬けの学習ではなく、毎日自ら進んでする学習の習慣をつけるための復習テストです。生徒の成績をみて、先生も授業の反省材料とします。

 また、スポ−ツについては、男子はサッカ−、女子はバレ−ボ−ルを校技と定め、中・高6年を通し技を磨きますので、ゲ−ムを楽しんだり、レフリ−をして試合を組み立てたりもします。さらに、自然の力強さを身につけるために、毎年2泊3日以上のキャンプをしたり、箕面の山をオリエンテ−リング風に徒歩訓練で歩いたりします。

 異文化に接し、国際理解を深めることは、自分たちの文化の理解を一層深めることになるので、イギリスの伝統あるパブリックスク−ルで学習する機会ももちます。

 こうした6年間の教育の成果として、現役卒業生の半数以上が国公立大学に合格し巣立って行きます。

 私たちは「学校は人間を鍛える道場である」という考えを採っています。私たちは、保護者の皆さんが「わが子を鍛えたい」と願い、受験を志望する皆さんも「自らを鍛えたい」と望んで、入学されることを期待しています。中学校・高等学校時代を、大いに学ぶ気持ちがあり、人格を高める努力をしたいと思う生徒の教育に我々は今後も全力を尽くしたいと考えます。

こちらもおすすめ
学校長インタビュー|辻本賢

学校法人金蘭千里中学校・高等学校 大中 章

 2005年の新法人設立、新校舎の完成で、金蘭千里中学校・高等学校は新たな一歩を踏み出しました。良き伝統は継承し、時代のニーズも取り入れつつ、更なる発展を目指しています。
 私自身、金蘭千里高等学校において学んだ卒業生です。「学校は人間を鍛える道場である」という基本的な考え方はその当時と全く変わっていませんが、当時と比べますと、イギリス伝統校への海外研修、生徒が中心となって運営する合唱祭、中学生の英語暗唱コンテスト、奈良や京都での校外学習、卒業生や各界でご活躍の方による講演会などが加わりました。さらに、高中祭も体育の部と文化の部の2日間開催となり、各クラス毎の発表・展示も行われるなど、行事も随分と充実してきています。また、質問や相談などで職員室を訪れる生徒も多く、いい意味で先生と生徒の距離が近づいているのを感じます。
 本校は、男子はサッカー、女子はバレーボールを校技と定めており、長い間運動部はこの2つのみでしたが、数年前から硬式テニス部も加わりました。文化部も含めて多数の生徒がクラブに入部し、練習に励み、汗を流し、そして笑顔を見せてくれています。
 本校では、学校長が毎朝、校舎前で生徒を迎えます。そして、学校長も教頭も授業を担当することにより、生徒の息づかいを直接感じ取るようにしています。
 恵まれた環境の下、先生と生徒、そして生徒同士がお互いに刺激を与え、高め合い、コミュニケーションを図ることにより、社会に有為な人物を育成することを目標としています。学びたい、自分を鍛えてみたいという小学生の皆さんに本校に入学して頂けるよう、我々は今後も教育活動を進めて参りたいと考えます。

こちらもおすすめ
卒業生座談会 |大中教頭ほか